配信解除を希望の方は登録したアドレスから「配信解除希望」とお書き添えの上、info@wine-m.jpにお願い致します

©2020  ZINC inc. All Rights Reserved.

​常時120種類以上のグラスワインと、至高のマリアージュの数々

3月は「貝」をお勧め!


 【前菜】
●鶏むね肉の自家製ハムのサラダ 人参のドレッシング
~しっとり仕上げのハム オレンジ風味の人参ドレッシング~

●つぶ貝と筍のクロケット
~コリコリ食感のほくほくクロケット~

●牡蠣と菜花のスキレットオムレツ
~旬の終わりと走りの組み合わせ ボリュームオムレツ~

【メイン】
●仔羊の煮込み~ナヴァラン仕立て~
~定番煮込み料理 ハーブをたっぷりと~

【パスタ】
●オレキエッテ 鰆のスモークと春野菜
~自家製スモーク 脂ののったサワラをシンプルに~

4月は春の食材と海老料理がお勧め!
また4月よりお一人様メニューをご提供いたします。
カウンターで旬の料理とお好きなグラスワインをお楽しみいただけます。

【前菜】
・ 宮崎県産 まるみ豚の自家製ハム サラダ仕立て
~しっとり仕上げた 豚フィレハム チーズ風味のフレンチドレッシングで~

・ 筍、ボッコンチーノ、自家製ベーコンのスキレットオムレツ
~旬の筍とベーコン、モッツァレラチーズのコクのあるボリュームオムレツ~

・ 小エビとそら豆、新ジャガイモのクロケット
~旬の食材で春らしいクロケット~

【パスタ】
・ 桜エビと春野菜のオイルベース オレキエッテ
~春野菜と桜海老の旨みを生かしたシンプルパスタ~

【メイン】 
・ 大山鶏モモ肉の香草グリル 粒マスタードソース 
~南仏の混合ハーブと ともに 焼き上げました~

・国産牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
~約4時間 赤ワインで煮込みました~

~その他多数~

3月は 『オレンジワインと呼ばないで』祭
~イタリア・フリウリの地で産まれた白ワイン!?~

wine bar M の祭第144弾を3月3日(火曜日)より開催いたします。

「オレンジワイン」
最近ではすでに聞きなれた方も多い新しいワインタイプ、
白葡萄を果皮と共に漬け込み、発酵させることで皮からのフェノール、
色素、タンニンが抽出され通常の白ワインより色は濃く(オレンジ色~アンバー色)
タンニン分が多いためほろ苦さを感じ、より厚みのあるワインをオレンジワインと呼んでいます。

今や日本でも認知度が高く、和食や日本の食材(山菜や刺身)にも相性がよく
ワインリストのカテゴリーに「オレンジワイン」を作るレストラン、バーも増えてきました。

3月ご紹介したいのは、オレンジワインという言葉ができる前から
その地では独自の手法で白ワインを作り続けられていた伝統のワイン。
彼らは自身のワインを「オレンジワイン」と呼ばれることを好みません、
なぜならそれは白ワインだから、皮と接触していても、アンフォラを使っても
オレンジ色に輝いていても、それは彼らの熱意がこもった白ワインなのです。

スロヴェニアとの国境沿いに位置する北イタリアのフリウリの地で
世界中から注目されるワインを作り続ける4人のワインを是非味わってみてください。

・ラディコン リボッラ・ジャッラ 2008伝統的に皮ごと醸し作られる白ワインの産地、
フリウリ・オスラーヴィアの町世界に注目される白ワインの生産者「ラディコン」の
リボッラジャラ(葡萄品種)粒が大きく果皮が厚いこの品種は長期マセラシオンにより、
さらに美味しく魅力的なワインに仕上がります。

・グラヴネル リボッラ 2008
拘り、努力、天才、世界中がみとめる生産者「グラヴネル」オスラーヴィアの町を
ラディコンに並び著名にした偉大なワインジョージアの伝統的なアンフォラ(クヴェヴリ)を
使用し、あえて伝統を貫き抜く手法をとる

・ダリオ・プリンチッチ リボッラ・ジャラ 2016
カンティーナ(ワイナリー)の跡継ぎでもない、男が情熱を抑えられず立ち上げたワイナリー、
師匠は「グラヴネル」「ラディコン」である。重視するのは親しみやすさ旨み、
独特な世界観をお楽しみいただけます。

・ロンコ・セヴェロ リボッラ・ジャラ 2016
師匠は「ラディコン」「グラヴネル」「プリンチッチ」両親は亜硫酸を使い現代的で
クリーンな白ワインを作っていた。そこに違和感を感じ伝統的なマセラシオンで表現、
拘りはバランス、土壌、気候、葡萄、醸造、香り、味わいすべての要素が
バランスよく交じり合い最高の一本になる

※限定のワインもございます、お早めにお求めください。

今年は桜の開花も早く 、日々暖かくなってまいりましたが、
まだ不安定な気候も続き、本格的な春が待ち遠しい今日この頃です。
この度、ご愛顧頂いている【 恵比寿wine bar M 】の姉妹店【 Q'z 】を代官山にオープンいたしました。
"Q=Cue "新店が皆さまに新しいきっかけや出逢いの場となることを切望して始動いたします。


両店ともに今後とも、宜しくお願い申し上げます。

wine bar M 新垣(店長) 原田(シェフ) 北山(ソムリエ)   小谷
 

Qz_logo.jpg

姉妹店

二子玉川駅徒歩2分の場所に小さなワインショップがオープンしました。
こだわりのワインとちょっとしたおつまみを揃えて、
みなさまのご来店をお待ちしております! ※お子様連れ大歓迎です♪

ホームページはこちら​

WINE SHOP nico   二子玉川駅前!!

〒158-0094 世田谷区玉川3-7-1 川渕ビル1F

Tel: 03-6805-6997   https://www.nico-wine.com/

 

営業時間 

火~土 13:00 – 21:00

日  13:00 – 19:00

定休日  :  月曜日

(営業時間は変更になる可能性があります)

誠に勝手ながら下記をお休みいたします。 ​

4月の定休日

毎週月曜日+4月12日(日)+4月19日(日)


[火~金] 18:00~26:00
[土]   17:00~26:00
[日・祝] 17:00~24:00
(Food LO  23:00  Drink LO クローズ30分前)

店内完全禁煙
(テラスに喫煙スペース有)